マタニティ>出産時には、色々と注意したいことがあります

出産時には、色々と注意したいことがあります。

妊娠の書籍等にも記載されていますが、見落とされているかもしれません。
そこで、出産時の注意事項を、一部まとめてみましたので、参考になさって下さい。

妊娠中の食生活は、塩分の摂り過ぎを防ぎ、1日10g以下にしましょう。
ムクミや高血圧、タンパク尿の原因になってしまいます。

また、カロリーを取り過ぎでも、体重が増加し妊娠中毒や難産の原因になります。
標準体重の人の場合で、妊娠時の体重は6〜8kgの増加が理想です。

食生活は、栄養をバランスよく、1日30品目の食品を摂ることを目標にしましょう。


飲酒は、赤ちゃんの脳の発達に影響があり、特に妊娠初期(4〜12週)は影響を受けやすいそうですので、注意が必要となってくるでしょう。
お酒が好きな人は、禁酒を心がけましょう。

そして、一番注意しなくてはいけないのが『煙草』です。
流産・早産、未熟児、周産期死亡などの原因になります。

この注意事項は、家族や周りの人にも理解してもらい、協力してもらうことが必要です。

出産時には、色々と「これはいいの?」「あれは、ダメなの?」っと悩むことが多々あると思います。

その悩みが解消されないと、それがストレスとなり子供に悪影響がおきないとも限りませんので、出産をしたら、1冊「妊娠の書籍を購入」して下さい。

全ての悩みが解消される訳ではありませんが、書籍が無いの!と あるの!とでは、悩みが解消される度合いが違ってくるでしょう。

私が参考にした、「妊娠時にオススメの本」サイトを紹介したいと思います

inserted by FC2 system