マタニティ>戌の日の安産祈願はどうしたらいい?

戌の日の「帯祝い」
「帯祝い」とは、古くから伝わる日本独自の風習で、妊娠5ヶ月目の
最初の戌の日におなかに帯を巻き、お祝いし、安産祈願をする行事です。

なぜ戌の日に行うかというと、昔から犬が安産であることにあやかって
いることと、安定期に入ってからお祝いしましょうという、昔からの
知恵から来てきます。

基本的には、家族と一緒にお祝いする人が多いですが、一緒に喜んで
くれる人とお祝いするのが一番ですね。

どこでお祝いをするかというので、最も有名なのは「水天宮」です。
そのほか、多くの神社やお寺でも行っていますが、腹帯(岩田帯)などを
常時用意していないところもありますので、事前に調べてから行ったほうが
いいでしょう。

水天宮など安産祈願で有名なところでは、常時、岩田帯が入手できます。

あくまで神様にお願いをするのですが、平服で構いませんが、最低限の
マナーだけは守りましょう。

無事出産後、腹帯は、落ち着いた都合のいい日に、腹帯をいただいた
神社に持っていって、お礼とともにお焚き上げをしてもらってください。
そのときに、安産祈願でもらったお守りなども持っていって、一緒に
お焚き上げをしてもらうといいと思います。

inserted by FC2 system